あおもりのイベント

主に首都圏等で開催されるイベントを紹介します

【あおもりイベント@東京】2017/7/1〜8/27、ねぶた展示の「和のあかり×百段階段展」開幕@ホテル雅叙園東京

開催期間
2017年7月1日(土)〜8月27日(日)
開催時間
月〜木曜 10:00〜18:00(最終入館17:30) 夜の見学ツアー(木曜除く) 18:00〜19:00 金・土・日・祝 10:00〜20:00(最終入館19:30)
場所・会場
ホテル雅叙園東京(東京都目黒区下目黒1-8-1)
入場料・参加費
当日券1,500円(税込み) 学生800円(要学生証提示) 小学生以下は無料
主催
和のあかり実行委員会
お問い合わせ先・その他

ホテル雅叙園東京
TEL 03-3491-4111

全国各地のお祭り、アート、職人のジャンルを中心に、日本ならではの色彩や意匠が楽しめる造形作品を集めた「和のあかり×百段階段展」が7月1日、東京都目黒区のホテル雅叙園東京(目黒雅叙園)で始まりました。30日は報道関係者向けに内覧会が開かれ、「ねぶた」の他にも青森ゆかりの展示が公開されました。

*5月に行われた「ねぶた」の先行展示、詳しい紹介についてはこちら
https://aomori-iina.jp/event/2017/05/18/wanoakari2017/

今年で3回目となる同展は東京都指定有形文化財「百段階段」と、それに続く7つの和室に36の出展者が作品を展示しています。


ねぶたが展示されているのは、天井や壁面に極彩色の彫刻が施された「漁礁(ぎょしょう)の間」。ねぶた師の竹浪比呂央さんが2014年の青森ねぶた祭に出陣した「相馬太郎良門 妖術を修る」をリメークし、華やかな桜をあしらった作品を展示しています。

「目黒川の桜のイメージで、ねぶたではあまり使われないピンク色を前面に使ってみました。色とともに、あかりを吸収して白く透き通る蝋描きの美しさ、迫力ある墨描きの線まども間近で見て欲しい」と話す竹浪さん。ねぶたの技法で青海波や亀甲紋などの模様をポップな色合いで描いた「ねぶたランプ」も、階上の部屋に出展しています。

 

また、十畝の間(じっぽのま)には、棟方志功の「釈迦十大弟子」を用いたあんどんが展示されています。文展の審査員だった日本画家・荒木十畝が天井などに作品を描いた和室に、文展、日展の入選を目指した棟方志功の作品をコラボレーションさせた趣向です。

内覧会では、首都圏のねぶた愛好団体「東京ねぶた連合會」の跳人と囃子方が威勢よくパフォーマンスを披露。会場から大きな拍手を浴びていました。

 

(編集部・小畑)

本文ここまで
ページトップへ