あおもりのイベント

主に首都圏等で開催されるイベントを紹介します

【あおもりイベント@東京】2018/7/7(土)〜9/2(日)、「竹取物語」のねぶたが「和のあかり×百段階段2018」@目黒の雅叙園で展示

開催期間
2018年7月7日(土)〜9月2日(日)
開催時間
月〜木曜 10:00〜17:00(最終入館16:30)金・土・日・祝および8月13〜17日 10:00〜20:00(最終入館19:30)
場所・会場
ホテル雅叙園東京(東京都目黒区下目黒1-8-1)
入場料・参加費
当日券1,500円 館内前売り1,000円※7月6日まで  前売り券1,200円 学生800円 ※小学生以下無料、すべて税込み
主催
和のあかり展実行委員会
お問い合わせ先・その他

ホテル雅叙園東京
TEL 03-3491-4111

東京都有形文化財である木造建築「百段階段」に、全国から集めた「明かり」や大小さまざまな工芸品などを展示する「和のあかり×百段階段2018 〜日本の色彩、日本のかたち〜」が7月7日(土)から、東京都目黒区のホテル雅叙園東京で開催されます。

4回目となる今年も、メイン企画の一つとして青森の「ねぶた」が展示されるもので、先頃、関係者向けに内覧会が行われました。

今年のねぶたは、青森ねぶたの制作者である立田龍宝さん、北村春一さん、手塚茂樹さんによる合作で、テーマは「竹取物語」。百段階段がつなぐ7つの客室の中でもっとも室内の装飾、天井絵などが豪華絢爛な「漁樵(ぎょしょう)の間」に、ねぶたは展示されます。

通常のねぶた制作ではあり得ない、流派の違う3人のねぶた師が一つの空間を作り上げるという、まさに“ここでしか見られないねぶた”。目黒がかつて竹の子や竹産業で栄えた土地だった事などから着想を得て、3人のねぶた師が「かぐや姫」(北村氏)、「帝」(手塚氏)、「武士」(立田氏)を制作したとのこと。

展示においてもこれまでになかった工夫がなされています。「満月」を囲むように配された3つのねぶたは、反射性の高い黒い台座に置かれており、水面に映る逆さ富士のようにねぶたが見える様は、ねぶた祭り「ナヌカビ」の“海上運行”を彷彿とさせます。

初回から企画を担当している同ホテルの芳賀尚賢さんは、「漁樵の間に描かれた彫刻や日本画には、平安貴族の五節句が描かれています。これまでのねぶた展示が閻魔や鬼、龍など異形のものが登場する迫力ある展示だったのに対し、今回は、室内の絵と調和する世界が広がります。優美にして存在感のある展示をお楽しみください」と話しています。

イベント本番では、ねぶたの他に約1,000点の作品が展示されます。

(編集部・小畑)

本文ここまで
ページトップへ