あるある!あおもり

Chapter07『餅』

餅と団子も、あんとたれも、
素材いろいろ、おいしさいろいろ

その他

へっちょこ団子(おいらせ町)・・・なべこ団子と同じ。すいとんの汁で食べる。

バター餅(三八地域の一部)・・・バターを練り込んだ餅。

せなかあて (三八地域の一部)・・・小麦粉で作るきなこ餅。

 

米もちコラム

『しとぎ』とは・・・

生米を水に浸し、乾燥させて粉にした米粉を使って作る食べ物。
餅の原型とされ、神様へのお供え物にされていた。

 

もち米の粉に水を加えてこね、それを皮にして小豆あんを包んで丸め、厚さ1㎝ほどにつぶして、両面にうっすら焦げ目がつくまで焼いた餅。生のまま神棚に供え、下げる際に囲炉裏で焼いて食べたのが始まりとされる。現在は、鉄製のしとぎ鍋やフライパンで焼く。穀倉地帯の津軽地方で多く食べられている。

 

 

しとぎにすりつぶした豆をたっぷり加えて小判型や円筒型に成形したもの。黄大豆や黒豆も使うが、青大豆を使った鮮やかな緑色の豆しとぎがポピュラー。米粉より豆の量が多く、豆の甘さが引き立つ素朴な味。南部地方の雑穀食文化の特徴的な伝統食。
栄養的にも優れていておやつとして食べられている。

 

 

もっと詳しく!なるほどリサーチnaruhodo2

青森市や鶴田町、鰺ヶ沢町、田舎館村では、水でふやかした米をすり、砂糖や塩を混ぜ合わせてフライパンで焼く“がっぱら餅”別名“のりかす餅”、三八地域の一部では、おしるこの団子の代わりに幅広のうどんを入れる“あずきばっと(う)”、その他にも、いも餅、けいらんなど、さまざまな餅や団子が食べられています。
また、中には、主に八戸市で食べられる“あかはた餅”のように餅と名前がついていても、海藻(あかはた=アカバギンナンソウ)を熱で溶かして固める寒天のようなものもあります。

 

本文ここまで
ページトップへ